胃腸の薬ならこれが効く!胃痛・胃もたれ・消化不良におすすめは?

胃腸 薬

 

胃の機能低下は肉体疲労の原因に

 

激しく運動をした後や仕事臭われていたりしていると、だんだん肉体疲労を感じるようになっていきました。
肉体疲労を少しでも早く解消しようと、しっかり栄養を取り入れるために食事量を増やしてみたことがあります。

 

しかし、食事量を増やしたところ、胃に負担がかかってしまって弱ってしまい、逆に肉体疲労が悪化してしまう結果になってしまいました。

 

体が本能的に疲労よりも食べ物を消化することに集中してしまうため、疲労がずっと残り続けてしまうだけではなく、消化が追いつかなくなってしまって、胃もたれになってしまったのです。
そして、症状は悪化してしまって、胃炎などのような症状に悩むようになってしまいました。

 

胃などの内臓に大きな負担を与えずに疲労回復を目指す場合、正しい方法は食事量を増やすのではなく、栄養素を効率よく摂取することでだということを実感しました。
例としてあげると、アミノ酸をしっかり摂取して疲労回復を早めたり、プロテインのように消化のサポートをしてくれる物を口にした方がいいでしょう。

 

このような栄養素が配合されているサプリメントを摂取するようにしたほうが食事量を増やすよりも胃に掛かる負担を軽減させられるようになりますし、疲労回復しやすいと感じました。

 

胃腸が弱いと体臭の原因になる?

 

卵が腐ったような臭いが体からしてくる時は胃炎や胃潰瘍といった胃腸の病気を疑ってみる必要があります。

 

これらの病気たちは、消化不良を起こしてしまうのが特長で、常に胃の中に食べ物が停滞している状態です。
そうなると、胃酸で食べ物たちが発酵してしまい、臭い物質が発生してしまうのです。

 

この嫌な臭い物質たちが腸から吸収されていき、やがて血液に溶け出してしまうと、その一部は汗と一緒に体外に排出されるため、体臭がするようになるのです。

 

胃炎は大きく分けて、急性胃炎と慢性胃炎の二つがあります。
急性胃炎は、胃の病気としては一番多い病気のひとつといえるでしょう。
胃壁の粘膜部分に急性の炎症が起こってしまい、腹痛や胸焼けなどの症状が現れます。

 

急性胃炎の原因はいろいろあり、ピロリ菌による感染、日々の暴飲暴食、刺激の強い食べ物や飲み物の摂り過ぎ、薬の影響、ストレス、感染症、アレルギー等、多種多様です。

 

一方の慢性胃炎は、胃の成人病といったところでしょう。
日本人の成人のおよそ半分以上がこの症状を抱えています。
慢性的に胃の粘膜が炎症を起こし続けている状態です。
腹部のもたれや不快感を感じます。
ほとんどが軽い症状で、中には自覚症状すらない場合もあります。

 

ピロリ菌の感染によるものがほとんどを占めますが、加齢によって胃が老化してしまうことも原因となります。
また普段から不規則な食生活をしていたり、度が過ぎるくらいの喫煙や飲酒といったことも原因になります。

 

胃腸が弱いとニキビができやすい?

 

普段の食事を見なおしたり、生活習慣も改善させることができないという人もいます。
このようなときに善玉菌を増やすようにしていったことで、あごニキビを解消させることができたという人がいることもも事実なのです。

 

生活習慣を見なおしたとしても、まだ腸内で善玉菌が増えてない状態です。
ですので、すぐにはあごニキビを改善させることはできないんですね。
なので、生活習慣を改善してすぐにあごニキビを治すことが出来ると考えるのではなく、少し時間がかかるものなのだと考えるようにしましょう。

 

なかなかあごニキビを改善できないのであれば、善玉菌を増やせるように工夫をしてくのもいいのではないでしょうか?

 

顔の輪郭や顎の周りのニキビというのは、胃の状態が悪い場合も表れやすいと言われています。
ですので、胃もたれや胃が荒れているからニキビがいつまで経っても治らないのではないかと感じるのであれば、牛乳などを飲むようにして、胃に粘膜を作って守ってあげるようにするといいでしょう。
これ以外にも、ネバネバしているオクラや納豆なども胃を守ってくれるとされています。

 

またキャベツも生の状態だと少し刺激的になっているのですが、煮たりしてから食べることで胃を守ってくれます。
逆に普段、香辛料やお酒のように胃に負担をかけてしまうようなものは口にしないようにした方がいいでしょう。

 

このように胃腸の状態が悪くなってしまっていると、サインとして顎などにニキビができやすくなってしまったり、ニキビが悪化してしまいやすくなります。
ですので、あごニキビができないようにしていきたいのであれば、胃や腸などのような内臓に負担が掛からないように普段から気をつけるようにしましょう。

 

例えば、甘いものも胃腸に負担がかかってしまいますし、にきびができやすいですから、夜中にお菓子などをつまんだりしないようにしましょう。
この他にも加工食品やカップラーメンなども胃腸に負担をかけてしまいやすいです。
ですので、なるべく加工食品などもあごニキビができてしまっている時には口にしないようにした方がいいでしょう。

 

このように普段の生活を改善していくことで、胃腸の負担も軽減されるようになり、あごニキビ予防をしていくことができますし、健康も保ちやすくすることが出来るのです。

 

胃腸に良い食事は?

 

胃痛が生じているときは、食事の内容や食べ方に注意を払うことで痛みを軽減し、また回復を早めることができます。胃への負担を減らすためにも、どういった食べ物が胃に優しいのか、また刺激が強いのか把握して労わるようにしてあげましょう。

 

胃に負担がかからないようにするには、やはり消化のよい食材を食べるのが一番です。卵・牛乳・大豆製品が特に栄養素を考えても優秀な食材と言えるでしょう。

 

卵は注意が少し必要で、熱を加えるほど硬くなり、その分胃に留まる時間が長くなります。ですから、胃痛の時は半熟の状態が良いでしょう。牛乳はよく言われるように、胃に膜をはって胃液の酸を抑えたり、胃壁を保護する作用があります。大豆製品は、消化にもよく、また胃の回復力を高めてくれます。

 

胃が痛いときの多くは、胃酸が過剰に出ることで胃の粘膜が炎症を生じている状態です。ですから、胃酸の分泌を促すようなものや、胃粘膜を刺激する食材はNGとなります。

 

レモンなどの柑橘類や唐辛子やわさびなどの香辛料は胃液の分泌を高めるので避けたほうが無難です。

 

コーヒーや炭酸飲料は消化を助けるという話がありますが、これらは胃酸の分泌を促すために消化を助けるという仕組みなので、完全に空腹の際や胃が痛んでいるときには逆効果となってしまいますので注意しましょう。

 

胃に負担がかかる食べ物と言うと、まず脂肪の多いものが挙げられます。肉類の加工食品や、脂身の多い種類の肉、消化されにくいタコやイカなどや、貝類、食物繊維の多い野菜類などは少なくしましょう。

 

また、胃が痛いときは食べ過ぎに注意しなくてはなりませんし、早食いもよくありません。また、すするようして食べる人は一緒に空気を飲み込んでしまい、胃が膨らんでしまって圧がかかることもあります。

 

注意事項は多いですが、難しいことではありませんから原理をわかって行いましょう。

 

胃腸に優しい外食の仕方

 

急性胃炎になってしまった場合には、胃にやさしい消化の良いメニューを選ぶべきなのですが、外食に行くとそういった食事はしにくくなるのではないかと思います。

 

こういったときのメニュー選びのコツを押さえておきましょう。

 

メニューを選びの際には、定食を選ぶのが最も有効な方法です。
定食は主菜はもちろん、副菜に野菜や漬物、みそ汁などがセットになっていますから、栄養バランスが良くなっています。これは胃にとっても良いことです。

 

また、消化に良い食品としてうどんも挙げることができます。野菜などの具が入っているものが栄養バランス的には良いでしょう。

 

グラタンは寒い時期にも良いですし、消化もよく胃腸にもやさしいメニューとして覚えておきましょう。男性はあまり頼まないかもしれませんが、時にはこういった食事もいいものです。野菜が少なくなりがちなので、野菜類も一緒に注文しましょう。

 

基本的に消化に良いということ、そして栄養バランスが取れているということが条件です。何を食べるかという点については、それさえ気にしておけばあまり注意点はありません。

 

ただ、ドカ食いをしてしまったり、早食いをしたり、食事の時間があまり遅くなることは気をつけなければなりません。こういったことの方が胃腸への負担を大きくします。

 

外食で乱れがちなのは栄養のバランスだけではなく、食事のリズムや量も乱れてしまいます。胃の弱っているときほど、胃にあわせた食事習慣に修正することが大切です。